ホーム仕様・機能
迅速・適正在庫管理イメージ
仕様・機能 FUNCTION ハンディターミナルを活用し迅速・適正在庫管理を可能に 作業の標準化・作業状況をリアルタイムに把握
システム構成
システム構成イメージ

※おまかせ検品自体に、出荷予定データの入力機能はありません。
出荷予定データの登録は、テキストファイルのインポート機能のみになります。

※無線バッチ方式
検品データの送受信時のみ、無線通信します。
検品作業時は、ハンディ単体で作業できます。

おまかせ検品パソコン
本体/OS等 Pentium 4 以上(推奨:Core2Duo 以上)
日本語 Windows 7 Professional、Windows Vista Business、
Windows XP Professional Service Pack 3 以降が稼働するコンピュータ
周辺機器等 上記OSに対応した、本体に接続可能なディスプレイ・マウス・キーボード・プリンタ
日本語変換システム
メモリ Windows 7、Vista:2GB 以上必要(推奨:2GB 以上)
Windows XP:512MB 以上必要(推奨:1024MB 以上)
解像度 1,280×1,024以上を推奨
ハンディターミナル
動作機種

キーエンス BT-W100(推奨), BT-W150,BT-3000W, BT-3000WB,
BT-1000W, BT-1000WB, BT-1500W, BT-1500WB

無線LAN 無線規格及びセキュリティ方式は、ハンディの仕様に依存します。
基本機能
PC
出荷予定データ取込

テキストファイルから出荷予定データを作成します。

出荷実績一覧(バッチ別)

バッチNo.単位で、検品実績を確認します。

出荷実績一覧(指示別)

出荷指示番号別に、検品実績を確認します。

出荷実績一覧(詳細)

出荷予定データの明細行単位に、検品実績を確認します。
検品実績データをエクスポートする機能もあります。

出荷検品リスト発行

出荷予定データから、出荷検品リストを発行します。

担当者マスタ登録

担当者マスタのメンテナンスを行います。

画面遷移
シンプルな構成のメニューから、各機能に遷移します。
PCイメージ
ハンディターミナル
出荷予定データ取込

パソコンから出荷予定データを、ハンディターミナルにダウンロードします。
無線通信が接続できるエリアで実行します。

出荷検品

出荷指示番号単位で、出荷検品処理を行います。

出荷実績アップロード

ハンディターミナルからパソコンへ、出荷検品実績データを送信します。
無線通信が接続できるエリアで実行します。

作業者設定

検品作業を行う作業者を設定します。
無線通信が接続できるエリアで実行します。

画面遷移
ハンディターミナルは、キー操作のほか、タッチ操作(BT-W100、BT-W150BT-3000)でも操作可能で、おまかせ検品のもつ機能に素早く遷移することが可能です。
ハンディターミナルイメージ